TOP

仕事終わりに渋谷でデリバリー

一日作業をして疲れた体に癒しが欲しくなるこの季節。
今の時期は人肌が恋しくなりませんか?・・・恋しくなりますよね。私もそうです。
と、いうわけで彼女が居ない私は、デリヘルを頼むことにしました。

デリヘルは自宅に呼ぶものと思っている人も多いのではないでしょうか?
いいえ、自宅じゃなくていいんです。近所にあるラブホテルでいいのです。


まず、初めにラブホテルにはいりチェックインします。そして、お気に入りの子を探してお店に電話をする。あとは、待っているだけでデリヘル嬢が来てくれます。デリヘルは時間制になっていますので、短い時間を希望した場合ヌケないこともしばしばあります。

ヘルスの流れは、デリ嬢が入室してからソファーでトーク、イソジンでうがい、一緒に入浴して洗ってもらいプレイに移行。というのが流れです。
60分コースだと一つ一つに時間をかけてると確実にイケないので、お店に電話をしたら即お風呂にお湯をはってください。そしてヘルス嬢がきたら最低限の挨拶と「よろしくお願いします」を言ってお風呂に入りましょう。 浴槽でイチャ付けるまでスキンシップができたら、その流れでベッドに行きましょう。ここからは、あなた次第です。

自分が気持ちよくなることを考えて、スマタ、フェラチオに徹してもらうか、ヘルス嬢を昇天させてあげるかです。私の場合は後者でした。自分の快感よりも相手の体をいじるほうが好きなので。

時間いっぱいプレイして存分に楽しみましょう。
さぁ、あなたも冷えた体を風俗で、いや、デリヘル呼んで温めませんか?